Now Loading...

新卒・中途採用情報

Recruit

新卒・中途採用情報Recruit

あなたの頑張りが確かな形で地図に残る

地元に貢献しませんか?

私たちの仕事は、地元の道路、橋、護岸など、地元の人たちになくてはならない社会インフラを創る仕事です。地元に貢献したい、地元のために働きたい、という「情熱」を持った人であれば、学歴・年齢は問いません。

私たちにとって最も重要なのは「人」です。どれだけIT化、機械化が進んだとしても、ロボットや機械に「情熱」はありません。「情熱」が宿るのは「人」だけです。その「情熱」が宿った「人」が創るから、地元の安心・安全が保たれ、地元に貢献できるんです。

あなたの「情熱」が道路を創り、橋を創り、そして会社、社会を創るんです。
あなたの「情熱」で地元を幸せに!

先輩からのメッセージMessage

野田 稜太(Ryota Noda)

入社 2019年
趣味特技 温泉、釣り、野球、バイク
野田 稜太

担当されている業務、役職など

現場の作業員として、河川・道路・砂防・災害復旧といった様々な工事を、重機などを使用して現場を創り上げる業務をしています。

成央建設で働きたいと思ったきっかけは何でしたか

もともと自分は、仕事として自分がやり遂げた事が形になるものが良いと思っていました。
そんな中、近くの地域で災害が起き、その被害は甚大なものでした。そういった被災地を見て「少しでも災害に遭われた方々の力になりたい!」「これからどんな災害が起きても壊れない丈夫な構造物を創りたい!」と強く思い、地元で一番目にしていた成央建設に入社しました。

どんな時にやりがいを感じますか

現場監督をはじめ、会社の先輩達と一つの現場を創り上げた時は「これまで一生懸命やってきてよかった!」と思います。
毎日同じ作業が続くことはなく、工事の進捗や天候などによって、その日自分がやる仕事は日々違います。なので、慣れない作業で先輩に叱られることもありますが、逆に褒められた時は「オレ成長してる!」と実感できて天狗になってます笑

大変なことは?どうやって対処していますか

工事現場に危険はつきものなので、重機の操作など安全確認を怠ると重大事故に繋がる恐れがあります。
なので、安全確認には大変気を使っています。最初は道具や機材の名前など、覚えなければならないこともありますが、わからないことがあれば、溜め込まずに迷わず先輩にその場で聞いて教えてもらってます。

会社の好きなところ

面白い先輩が多く、冗談言って笑わせてくれたり、わからないことがあったら、わかるようになるまでしっかり教えてくれるところです。アットホームな雰囲気も好きですね。

未来の仲間へメッセージ

やる気、気合いを持って会社のため、そして何より自分のために頑張れば、その努力を会社は正当に評価してくれます!
汗をかいた分だけ自分に返ってくると思うと、やる気も出てきます。

「一緒に汗ばかくばい!」
夏とかぎゃん臭かばってん笑

中島 颯斗(Hayato Nakashima)

入社 2015年 4月
趣味特技 パチンコ、バスケット
中島 颯斗

担当されている業務、役職など

現在は国家資格取得に向け、監督員補助の業務をしています。監督補助といっても、業務内容は測量、写真撮影、安全管理、発注者に提出する書類の作成と多岐にわたります。
今の経験を活かして、早く一人前の現場監督になりたいです!

成央建設で働きたいと思ったきっかけは何でしたか

正直、昔から土木関係の仕事に興味があって、とかじゃないんです。どうせ働くんだったら、「地元のためになる仕事がしたいなぁ」と、最初は漠然とした気持ちでした。
そして、いろいろと考えていると「周りの人がビックリするような大きな仕事がいいなぁ」とか、「安定している仕事がいなぁ」とか思い始めたんです。
そこで自分の場合は「土木」ってなったんですね。調べてみると土木の仕事ってスケールが大きいんですよね。創るものによっては地図に残るし、金額も億を超えるような仕事もできる。地方都市で億を超える大きな仕事ができる職種ってなかなかないと思ったんです。

加えて、土木の会社って歴史がある会社が多いことに気付いたんです。明治や大正時代に創業っていう会社が結構あるんです。つまり、安定しているんじゃないかって思ったわけです。
そういったことから、自分の家から近く、地元の工事でよく目にしていた、大正時代創業の成央建設に入りました。

どんな時にやりがいを感じますか

構造物がきれいに完成した時や、創ったものを地元の方が利用されてて、その笑顔を見た時ですね。
また災害の時なんかは「自分たちが先陣を切って地元の安全を確保するんだ!」って気合が入ります。

大変なことは?どうやって対処していますか

全く同じ現場・工事っていうのは存在しないので、常に最適の方法を考え、いろんなことを想定して一つの現場を創り上げていくことです。また一つの現場であっても、様々な職種の方々が出入りするので、それらたくさんの人たちとコミュニケーションを取って円滑に現場を回していくことも大変ですし、手腕が試されますね。
対処法としては、先輩や上司に相談しています。先輩の人たちは、経験による引き出しをたくさん持っているので、自分では考えもつかなかったことをサラッと言ってくれます。

会社の好きなところ

みんな仲が良いところです。もちろん真面目にやってますけど、基本笑顔で、仕事中も冗談言ってケタケタ笑ってます。

未来の仲間へメッセージ

地元に貢献して、みんなで大きな仕事をやりましょう!
ピシャっと教えちゃるけん、はよ来んね!

日野 和樹(Kazuki Hino)

入社 2010年
趣味特技 野球
日野 和樹

担当されている業務、役職など

現在は現場の作業員として、工事期間中に工事が終わるように頑張っています!

成央建設で働きたいと思ったきっかけは何でしたか

昔から体を動かすことや物を作ることが好きで、もともと、土木の仕事にも興味がありました。
当時別の仕事をしていましたが、いろいろと将来について考えている時に、タイミングよく知人から声をかけてもらって成央建設に入社する事になりました。

働いてみて、「やっぱり地元の人の役に立っている仕事だな!」「地元の人々の生活を支えているな!」と実感しています。

どんな時にやりがいを感じますか

やはり自分が頑張った仕事が目に見える形で現れてくるところです。新設の工事だと、何もなかったところに道路や構造物ができる訳なので、その仕事の達成感ときたらヤバいです。

入社した当時は、目の前の仕事をこなすだけでしたが、今は現場を見て、自分の中で現場の完成形を想定して、その完成の為に自分はどう動き、どういう仕事をした方が効率が良いなどといったことがわかるようになってきました。

大変なことは?どうやって対処していますか

人に教えることです。
最近、自分にも後輩ができ「ここはどうしたらいいですか?」と聞いてくるんですが、頭では分かっていてもそれを言葉で説明するというのがなかなか難しいです。そんな時は、先輩にどのように教えたら相手がわかりやすいかなどを聞いて勉強しています。

会社の好きなところ

笑顔が多く、とてもアットホームなところです。
仕事中は、しかめっ面して黙々と働くのではなく、冗談も言いながら楽しく働いています。

未来の仲間へメッセージ

1つの現場を完成させるためには、思っている以上の多くの人々がかかわっており、それぞれがなくてはならない役割を担い、考え、行動しています。
そんな中で失敗して叱られることもありますが、それをフォローして助けてくれる先輩が成央建設にはいます!“捨てる神あれば拾う神あり”ですが、成央建設には“拾う神”がたくさんいます(笑)
なので、失敗を恐れずどんどん飛び込んできてほしいと思います!そして、そんな先輩達と楽しく仕事をし、工事が完成した時の喜びを一緒に味わいましょう!

川島 卓也(Takuya Kawashima)

入社 2010年
趣味特技 旅行、スポーツ、競馬
最近は家庭菜園を始めようと思っています。
川島 卓也

担当されている業務、役職など

監督員の業務に従事しています。主に県土整備事務所・市役所の発注する工事を担当しています。

成央建設で働きたいと思ったきっかけは何でしたか

私は成央建設に入社する前は、久留米にある建設会社に在籍していました。その会社でも監督員の業務に従事していたのですが、自分自身のスキルアップをしたく、幅広い分野で活躍している成央建設へ入社しました。

どんな時にやりがいを感じますか

発注者からの現場完成時の出来栄えの高評価や、竣工検査での高評価を頂いた時、何より地域住民の方々に喜んで頂いたり感謝された時は、苦労して頑張って良かったと思います。

大変なことは?どうやって対処していますか

私は大きく分けて2項目あります。
1つ目は、安全管理です。施工中の現場内での無事故は勿論の事、第三者や既設構造物(建物等)への被害が無いよう、また、近年では異常なまでの夏の暑さによる熱中症の対策です。対処としては、常日頃の現場内巡視、KY活動の実施、作業手順の確認等を行い、安全第一で施工しています。

2つ目は、着工前の設計書図面と現地測量の照合、施工中の構造物の管理です。
誤差や測量ミスがあると物が作れなく、誤って作ってしまうと壊して作り直しになります。対策としては、常にチェック測量を行い、図面との照合を行い施工しています。

会社の好きなところ

正直、仕事をしていれば面倒な事や遺憾に思う事はありますが、そんな時こそみんなに相談すると、まるで自分の事かの様に考え、アドバイスやサポートをしてくれます。
思いやりがあり協調性がある良い会社です。

未来の仲間へメッセージ

私は普通高校出身で監督員としての業務を行っています。
なので、土木を勉強されていない方や土木未経験の方でも、やる気と努力次第で充実した仕事をできると思います。少しでも興味がある方は是非やってみるべきです。
共に地域に貢献し、地域の活性に頑張りましょう。

宮園 喜徳(Yoshinori Miyazono)

入社 1995年4月
趣味特技 家族で温泉・剣道観戦(子供)
宮園 喜徳

担当されている業務、役職など

役職名:工事部 第2課 主査
主に福岡県筑後農林事務所発注の林道千々谷~滝の脇線1工区
開設工事で監督員の業務に従事しています。

成央建設で働きたいと思ったきっかけは何でしたか

私は物作りが好きで、地図に残るような仕事がしたいと考え、土木業界を選びました。
その中でも人々の生活を豊かにするものを作りたいと考え、地元である八女、筑後管内で大きく貢献している成央建設に入社しました。

どんな時にやりがいを感じますか

なにより無災害で現場が完成し、地元関係者に感謝の言葉を頂いたり、発注者に景観や出来栄え、書類等で高評価(高得点)を頂いた時や、目標以上の利益確保が出来た時は「この仕事をしていて良かった!」と思うし「成央建設に入社して良かった!」と心底思います。(笑)

大変なことは?どうやって対処していますか

私が主に従事している農林事務所発注の林道工事は、現場が山間部に位置し、急峻な地形の為、危険な箇所や危険を伴う作業が多く存在する現場なので、安全管理には細心の注意を払って作業に当るよう心掛けています。

また、山の地形に沿って林道が設計されている為、カーブも多く常時測量を必要とするので、事前に設計図面と現地測量を充分照合して「差異がないか!見栄えは悪くないか!」を常に考えながらチェックを欠かしません。

会社の好きなところ

まず、社員全員が仲が良く、上下関係無く気軽に話せる関係性である事と、ひとつの現場が工期的に厳しい時は、それ以外の現場全員で応援に行くなど、会社全体がまとまっている事です!

未来の仲間へメッセージ

これほど自分の能力をフルに発揮出来る会社は数少ないと思います。成央建設は自由な会社です。意識を持って頑張れば、必ず良い結果が自分に返って来ると思います。ぜひチャレンジしてください!

電話応対
事務作業
工事現場
朝礼
クレーン
現場監督
懇親会
工事現場3
スタッフ
工事現場2
工事現場4
電話対応2
会議の様子
還暦祝い
工事現場5
懇親会2
スタッフ2
工事現場6
現場の様子
工事現場7